おしらせ

20190305_obc_1

  

 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 日本経済の成長において、深刻な少子高齢化、労働人口の減少などが社会問題化している中、政府は20173月に「働き方改革実行計画」を決定いたしました。深刻化する労務リスクへの対応が遅れることは事業運営に多大な影響を及ぼす恐れがあり、今こそ「労務管理」の要点を再確認し、企業を損失から守る対策必要です。今回は、「働き方改革関連」に対してどのような準備を企業がしなければならないのかの解決のヒントになればとの思いからセミナーを企画いたしました。ご多用とは存じ上げますが、是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。  

 敬具

 

 

 ■■■ 第1部 ■■■ 

 

施行直前対策 働き方改革関連法

重要ポイントの確認と労務管理の運用方法

概要:いよいよ、働き方改革関連法施行の直前を迎えました。有給休暇の付与義務化、労働時間の適正把握、残業時間の上限規制、中小企業の60時間超の残業代引き上げ、そして同一労働同一賃金の制度化に対し、わが社の対応方法は問題はないか、確認してみましょう。厚労省から通達やQ&Aが提示されているなかにおいて、重要ポイントはどこなのか、対応に漏れはないか、勘違いはないか、就業規則はどのように変更していけばよいか、不安は募ります。今回は、優先順位を明らかにし実務に合わせて解説をしていきます。     

社会保険労務士内野光明事務所 内野光明氏

 

 ■■■ 第2部 ■■■ 

 

働き方改革関連法対応への奉行シリーズご紹介

 

概要:企業に求められる勤怠管理はますます煩雑化する一方、今まで以上に正しく管理されることが求められているため、多くの企業がシステム化をすすめています。本セミナーでは5,000社120万人が利用する「勤怠管理クラウド」が提供する働き方改革関連法に向けた具体的なシステム対応をご紹介します。  

株式会社オービックビジネスコンサルタント マーケティング本部

 

■■■ 第3部 ■■■ 

 

 BtoB ECを活用した働き方改革の実践セミナー 

 ~成功事例のご紹介~

概要:昨今、限られた人員の中で生産性向上を目指すために、業務のIT化を検討する企業様が増えています。その中でも特にニーズとして多いのが、アナログな作業に頼りがちな受発注業務の効率化です。BtoB EC(WEB受発注システム)は、得意先から注文を受けた際に発生する基幹システムへの入力業務や在庫、納期確認等の問合せ対応による業務負荷を削減、さらには売上UPにも繋がる攻めと守りを兼ね備えた仕組みです。実際のお客様の成功事例を、動画も交えて紹介します。

株式会社アイル

■■■ 開催日時 ■■■

 

 201932914:00~17:20

 

 ■■■ 会場アクセス ■■■  

 

 (株)オービックビジネスコンサルタント(OBC)

横浜営業所

横浜市西区高島1-1-2 

横浜三井ビルディング15階

JR横浜駅(東口)から

徒歩6分 

 20180622_IT__map

 

 ■■■ 定 員/お申込み締め切り期限 ■■■

定員 24 名 / 2019年3月29日(金)

お申し込みは先着順となっており、

定員数に達しますと受付を終了させていただきます。

 

 

↓ ↓ 詳細:申込方法等は ↓ ↓

 

詳細およびFAXお申込はこちらアイコン

  • Share

一覧へ戻る

Loading

資料請求・お問い合わせ

電話番号:045-825-5504
営業時間:平日(月~金)9:00~17:00 お問い合わせフォームへ