新入生全員にiPad500台を貸与。ICT教育への挑戦 – 株式会社有隣堂

学校法人桐蔭学園様が実践する、生徒に気づきを促すICT教育への挑戦

学校法人桐蔭学園様

横浜市青葉区にある学校法人桐蔭学園様は、自然豊かで広大なキャンパスに幼稚部から小中高校、大学・大学院までを有する総合私立学校です。 県内屈指の進学校であるとともに、スポーツも盛んであり、野球、サッカー、ラグビー。陸上など様々な競技においても全国屈指の強豪校としてその名を轟かせています。

そんな文武両道の校風を持つ同学園では、ICT教育の一貫として、今年4月に入学した中学校・中等教育学校1年の全生徒約500人を対象にiPadを貸与し、授業で活用しています。生徒への貸与完了後には、授業を行う教員にもiPad約140台を配布、現在、計約640台のiPadがICT教育向けに稼動しています。

導入の背景

桐蔭学園様のiPad導入は文部科学省が2011年に教育の情報化に関する総合的な推進方針として発表した 「教育の情報化ビジョン」を受けてのものでした。今回の取り組みを主導している同学園 中学校男子部 の教諭、山口大輔先生(技術科担当)は「教育の情報化ビジョンでは、一斉学習や個別学習に加え、協働学習が行えるようにすることが示されています。そうした環境を実現するために必要なツールとして、iPadを導入しました。」と言われます。

導入のポイント

1バッテリーの稼働時間
生徒にはiPadを自宅に持ち帰ることも許可していますが、学校にいる間は充電する必要がないよう、少なくとも午前8時から午後3時までは連続して可動可能であることが求められました。まずOSを問わずに端末を比較検討した結果、iOS端末に決定しました。
2操作性やメモリ容量、画面の大きさといった使い勝手
前述のバッテリー容量に加えて、様々な条件で絞っていった結果、最終的に「iPad Air2」のWi-Fi64Gバイトモデルの導入に決定しました。端末手配及び設定等は有隣堂で行う事が決定しました。
3大規模な環境でも確実かつ安定して稼動するシステム
「今回は約500台での利用環境ですが、将来的には高校までタブレット端末を導入することも視野に入れています。そうなると膨大な数の端末から大量のアクセスが発生することが想定されるので、大規模な環境でも確実かつ安定して稼動するMDMサービスというのが必須条件でした(山口先生)」 MDM(モバイルデバイス管理):スマートフォンなどの携帯情報端末のシステム設定などを統合的・効率的に管理する手法。また、それを実現するソフトウェアや情報システムなどのこと。
そうしてシステムの中核を成するアプリケーションとして選ばれたのが、アイキューブドシステムズのMDMサービス「CLOMO MDM」をはじめ、デジタルアーツのスマートデバイス向けウェブフィルタリングツール「i-FILTERブラウザー&クラウド」、タブレット向け授業支援アプリケーション「ロイロノート・スクール」でした。
ロイロノート・スクールは協働学習を実施する際の要となっています。授業中の生徒たちからの意見や質問をまとめて表示したり、それらへの先生からのコメントや回答を共有したりと柔軟なコミュニケーションを実現しています。またオフライン機能が充実している点も通信環境に左右されず重宝しています。

ロイロノート

ロイロノートを使用した授業。

また、「i-FILTERブラウザー&クラウド」によって生徒がiPadを自宅に持ち帰っても、学校から貸与された教材端末としてふさわしいWebサイトのみを閲覧できるよう、フィルタリングを行っています。(iPadの通常ブラウザアプリ「safari」は、CLOMO MDMを通じて利用できないように設定しています。) そして、iPadの総合的な管理の為に導入されたのがCLOMO MDMです。CLOMO MDMは授業に必要のない機能を制限するとともに、授業で使用するアプリケーションの配信・削除などに利用されています。 CLOMO MDMならではの機能がおおきな効果を発揮したケースもいくつか発生しています。例えばある生徒がMDMの構成プロファイルを削除してしまったところ、同時にその情報が管理者に通知され、即座に対応を行ったという出来事がありました。構成プロファイルは削除不可にも設定可能ですがあえてそうしないことで生徒たちに不利益を実感させ、やっていい事と悪い事の理解を学ぶことにつながります。また、管理側でも、生徒たちがどこまで端末を操作するのか把握できるのでなぜやってはいけないのかを教えることが可能になります。「”危ない使い方もできる道具だから生徒には持たせない”では教育とは言えません。どういう使い方をしたら危ないのかをしっかり教えることもまた教育なのです。そうした意味でもCLOMO MDMはICT教育に極めて有益なツールとなっています。」(山口先制談)

導入してみて

これまでの成果などを受けて桐蔭学園様では今後、モバイル端末導入を拡大していく構えです。
「今回。CLOMO MDMや i-FILTERブラウザー&クラウド、ロイロノート・スクールなど、アプリケーションのおかげで生徒が学びやすい環境を整えることができたという手応えを感じています。これからは、来年度に入学する生徒への端末の貸与をはじめ、高校を含めた他学年での取り組みなどについてICT教育委員会で検討していきます。子どもたちの豊かな発想や鋭い着眼点に十分に対応できるようなICT教育のあり方を実線を通じて探っていきたいですね(山口先制談)

i-FILTERブラウザー&クラウド

桐蔭学園様

  PDFアイコン2