学生の主体的な学びを促進する空間 – 株式会社有隣堂

学生の主体的な学びを促進する空間

「愛の精神の実践」

神奈川歯科大学
〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地
歯学部 大学院 短期大学部(歯科衛生学科・看護学科)専門学校
神奈川歯科大学様の歴史は古く、1910年に東京神田で創立された東京女子歯科医学講習所にまでさかのぼります。その後、激動の時代を乗り越えて、1950年、我が国で初めて歯科衛生士教育を行う日本女子歯科厚生学校を新たに開校。1952年に日本女子衛生短期大学に発展しました。その後、歯科医師の不足という時代の要請に従い、神奈川歯科大学を旧清泉女子大学跡地であった横須賀の地に創立しました。現在、横須賀に歯学部と短期大学部、附属病院があり、横浜の横浜研修センター・横浜クリニックとあわせて我が国の超高齢社会やグローバル化に対応できる医療人の養成に取り組んでいます。(HP引用)

導入目的

2010年から教育改革の検討を始められ、その一環として学生の主体的な学びを促進する授業をめざして、アクティブラーニング型授業の導入を検討されました。 2014年の春に、ほとんど使用されていなかった実習棟2階を改装して、アクティブラーニング教室を開設いたしました。

アクティブラーニング教室1

アクティブラーニング教室設計図

機動力が高いタブレット付きチェアの採用

機動力が高く、シーンの切り替えのタイムラグが少ないタブレット付きチェア(ノードチェア)を採用しました。 座面の下に荷物などを置くことが可能です。サイドテーブルは ノートPCやA3資料が置ける広さがあります。

思いついたときにいつでも書き込めるホワイトボード付きスクリーンを設置

左右の壁遺影面にはホワイトボード付きスクリーンを設置。思いついたときにいつでも書き込みができます。 液晶プロジェクターと無線対応プレゼンテーション機器(wivia3)を採用して、瞬時にPCまたはタブレットからの資料の投影を可能にしました。他にも可動式のホワイトボードを用意し、様々なシーンでの対応が可能です。

ホワイトボード付きスクリーン

液晶プロジェクター

ピックアップ商品

Solution  ・空間デザイン ・smartinfill(スマートインフル) ・wivia3 ・ノードチェア

ノードチェア-オレンジ

ノードチェア-グリーン

  PDFアイコン2